よくあるご質問


よくあるご質問をQ&Aにまとめてみました。

Q1:カウンセリングってどんな人が利用するんですか?

A1:全ての人に利用して頂くことが出来ます。
一般的に日本ではカウンセリングを受けることに対して、病んでいる人とか病んでない人という括りで決めつけている方が多い印象がありますし、中には催眠術の様なものだと思っている方もいますが、違います。
それに精神科の様なお医者さんでもありません。
心理カウンセリングは老若男女関係なく、精神の安定や強化、人間力の向上など円満な生活を送る為に、非常に幅広く利用されるべきものです。
また、心理カウンセラーとは悩んでいる方や心に元気がない方の話を聴く人の総称でもあります。
例えば「あれ?もしかしてこれが不眠かな?」と思った時にカウンセリングを一度受けるだけで精神的に全然違います。
人間である以上、精神疾患を患っていらっしゃる方もいますが、同じくご相談者様の抱えている問題や悩みの軽減、解決にむけて、全ての人に利用して頂けます。加えてOFFICE GEKKOUでは、物理的な問題(金銭問題、ストーカー被害、話し相手等)のご相談にも対応しております。

Q2:何回くらい通う必要がありますか?

A2:勿論、問題内容と状況にもよりますが、1~2回のカウンセリングでご相談者の方が何かしらを実感して頂くことが出来ますので、そこからご相談のうえ、ご都合に合わせて早期回復、解決に努めます。
お悩み相談の場合は1回。それ以外でも数回のカウンセリングで受ける必要の無くなる方もいますので、問題内容をお伺いした際に目安としてカウンセラーがご説明致します。

Q3:心理カウンセリングを受ける事によって、何がどう変わるのですか?

A3:悩みごとの有無というものでもなく、心理カウンセラーとの対話というのは実際には自分自身との心の対話でもあります。結果、個人差はあると思いますが、良いこと悪いこと含めて様々な気付きを得ることが出来るため、これにより気持ちが軽くなったりスッキリしたりという効果や、自分の方向性が見えてきたり今まで見えなかったものが見えてきたりします。
そうすると仕事や家庭、学校での生活も自然にレベルアップしていくことになりますし、何か大きな問題に発展する前に考え方を切り替えることが出来れば、犯罪防止などにも繋がっていきます。
中には自分自身との対話を避けようとしているとはっきり感じ取れるご相談者もいますが、そういった方も私は大歓迎です。
精神疾患等のご相談者の場合でも、同じく心の対話から少しずつ不安を取り除き、状態や状況に応じて心理療法などを用いて回復に繋げることが出来ます。

Q4:過去に鬱でカウンセリングを受けていたのですが、いまいち効果を実感出来ずに打ち切ったことがあります。
カウンセリングに意味はありますか?

A4:まず、ご相談者の方にカウンセリングを受ける明確な理由があれば、必ず効果があります。またそうでなければいけないと思います。
よくわからないけど取りあえず受けてみたということであれば、また違ったアプローチが必要です。
この質問に関しては私も非常にお気持ちが分かります。何故ならカウンセリングに限らず色々な職業に当てはめる事が出来るからです。
例えば病院一つとっても、受けるところで診察の結果が全然違ったりします。
私自身も過去に通院していたことがあるのですが、意味がないと感じたことが多々あります。
要はカウンセラーがどれだけ真剣に取り組むか、ということではないでしょうか。
どれだけの資格を持っていても、ご相談者に意味がないと思われたり、疲れを感じさせたのであれば専門家として良くないと思います。

Q5:電話やスカイプ等のカウンセリングでも効果はあるのですか?

A5:これも当然カウンセラーの能力に左右されますが、ちゃんと効果がありますし、実際のケースでも証明されています。対面でのカウンセリングと違いはあるものの、きちんとコミュニケーションがとれればしっかりとしたカウンセリングが出来ますので、ご相談者の主体性次第で可能性は多分にあるのではないでしょうか。
また遠隔での場合は特に、カウンセラーはただ相槌を打って話を聞くのではなく、いち早くご相談者の方と意思疎通の可能な状態になる必要もあると思います。

Q6:宗教と関係はありますか?

A6:全くありません。カウンセリングルームや相談所で勧誘を受けたという話を私も聞いたことがありますが、宗教論は別として個人的にはカウンセラーや相談員はカウンセリング(相談援助)のみに努めるべきだと思っていますし、純粋に中立的な立場でカウンセリングをしなければご相談者の為にならないと考えています。
ただ、私が精神分析を学ぶ上で宗教哲学も非常に勉強になっています。

Q7:国家資格は持っていますか?

A7:持っていません。民間資格のみなので、肩書や社会的信用という意味でも国家資格を取るべきか迷いましたが、カウンセラーをやるうえで将来が約束される訳ではありませんし、私にそれ以上の人生経験があると判断した為です。
ご相談に来て頂いた一人一人の方に認めて頂ければ、それが最高の資格になると思っています。
また心理カウンセリングは医療行為ではありませんので、自力での生活が困難な方の場合は、先に専門の病院等に相談して頂く必要があります。

他にもご質問のある方は、予約・お問い合わせからお気軽にどうぞ。

カレンダー

オンライン予約


モバイル用QRコード

QRコードを読み取って簡単アクセス

心の相談

恋愛

自傷行為
不眠
不安感
依存症
親子関係
夫婦関係
家族関係
人間関係
子育ての悩み
恋愛相談
人間力向上
仕事上の悩み
反射行動

ペットロス
引きこもり

生活相談

非行問題
金銭問題
話し相手
お墓参り代行
終活補助
その他

PAGE TOP